感動の作品を
作るには

音楽と写真の
マッチングが命

プロフィールムービーは、結婚披露宴や結婚パーティーの余興として新郎新婦の生い立ちをゲストに紹介する映像演出です。一般的にプロフィールムービーの上演時間は5分から10分程度。その間、ゲストを飽きさせず、感動してもらえるプロフィールムービーを上演したいですよね。

まず、映像の世界に引き込むために大きな役割を果たすのが音楽です。プロフィールムービーでは、音楽に合わせて新郎新婦の生い立ち写真が流れますが、音楽のテンポと写真の切り替わるタイミングがぴったりと合っていなければ、映像の世界に入り込めず、ゲストも感動から遠ざかってしまいます。

レコフォトは、楽曲のテンポと写真の配置やタイミングをぴったりと合わせる演出が特徴なので、ゲストが映像の世界にすんなり入り込めます。イントロから徐々に盛り上がり、サビにはキメ写真、エンディングは楽曲に合わせて感動的なフィナーレを演出といった、プロが制作したようなプロフィールムービーに仕上がります。さらに、楽曲ごとに演出が異なるのもレコフォトの特徴です。ぜひ、何度も試して納得のいく演出を見つけてください。

ストーリー仕立ての
構成を考える

ゲストに感動してもらうためのもう一つの工夫は、プロフィールムービーの「ストーリー」です。作成前に、誰にどんな目的でプロフィールムービーを見てもらいたいのかを想像してみてください。ふたりがどんな人生を歩んできたのかをゲストに見てもらいたい、両親に感謝の気持ちを伝えるために見てもらいたいなど、目的によって使用する写真や並べ方、コメントが変わります。

レコフォトでは、1楽曲を4つのシーンに分け、どのシーンにどんな写真を当てはめたらよいか、オススメの構成を作成中の画面で確認でき、ストーリーを考えるのが難しいという方でも安心して作成できます。もちろん、オススメの構成にとらわれず、自由にストーリーを考えて制作することもできるので、楽曲に合わせてチャレンジしてみてください。両親への手紙や、余興として盛り上げるためなど、さまざまな使い方ができます。

ライターになりきって
コメントを工夫する

プロフィールムービーのストーリーを組み立てたら、次はタイトルとコメントを考えましょう。ストーリーの表紙となるタイトル、写真にマッチするコメントを入力したら、まるで映画のようなプロフィールムービーの出来上がりです。タイトルとコメントは自分で入力する、これが自作ならではの感動を引き出します。あなたにしかわからないエピソードやゲストへの気持ちをコメントに表現してください。あなたの気持ちがこもった言葉、セリフのようなコメントは、ゲストの心にストレートに伝わります。

たとえば、ふたりの人生を紹介する場合は、写真だけでは伝わらないエピソードを、両親への思いを伝える場合は、その写真を撮影した当時の思い出などを書いてみましょう。きっと、「感動したよ!」とゲストに言ってもらえるプロフィールムービーに仕上がります。どんなコメントを書いたらいいのかわからないという方は、楽曲ごとのサンプルを参考にしてみてください。

レコフォトのプロフィールムービーは、写真と音楽の魅力を引き出した演出を簡単に自作でき、BGMに人気アーティスト曲を取り揃えています。他社との違いは最短翌日発送というスピード感と14,850円~(送料、式場持込み料は別途)の価格帯。レコフォトで結婚式、披露宴を感動的に盛り上げてください!

アプリのインストールはこちらから

  • App Store
  • Google Play