音楽著作権のはなし

結婚式で使用する音楽について

音楽には著作権があります。著作権とは、著作物を使おうとする人に、著作権者が使うことを認めたり、禁止したりできる権利です。著作物を利用する場合には、著作権者の許諾が必要で、披露宴や挙式、二次会など結婚式で音楽を使う場合も同様です。

著作権は、演奏権や、複製権など細かく分類されており、音楽の利用方法によって必要な権利処理は異なります。
たとえば、結婚式で音楽をBGMとして流したいときは「演奏権」の権利処理が必要になります。ホテル、結婚式場であれば包括契約で演奏権の許諾処理をしていますので問題ありません。ただし、演奏権は購入したCDをそのまま結婚式で流すことを前提としているので、購入したCDの曲をCD-RやUSBメモリにダビングして流す場合には、複製権の権利処理も必要です。

披露宴で市販楽曲を利用したプロフィールムービーなどの映像演出を上映したいときも「演奏権」と「複製権」の両方の権利処理が求められます。プロフィールムービーを収録するDVDに、CDから音楽をダビングするためです。結婚式で音楽を流すのは私的利用の範囲ではないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、法律上の「私的利用」は、家庭での利用を前提としています。

法令を順守した状態で、結婚式を迎えましょう。

レコフォトがあんしんな理由

レコフォトは、一般社団法人 音楽特定利用促進機構(略称:ISUM)を通じて、音楽の複製に係る著作権、著作隣接権使用料を権利者にお支払いしています。レコフォトが提供している市販楽曲は、すべて著作権、著作隣接権の許諾手続きが完了しており、DVD料金には、著作権使用料及び著作隣接権使用料が含まれています。DVDの盤面にISUM正規許諾証明シールを貼付してお届けしますので、安心して結婚式で上映していただけます。

ISUMってなに?

一般社団法人 音楽特定利用促進機構(英文名称:Initiative for Special Uses of Music、略称:ISUM=アイサム)は、結婚式で使用される市販CD音源の著作権・著作隣接権の録音録画にかかる権利処理の手続きの、代行を請け負っている団体です。詳細は公式HPをご確認ください。

ISUM

アプリのインストールはこちらから

  • App Store
  • Google Play
  • JASRAC
    許諾番号:
    9012981001Y31018